シミについての基礎知識

シミが気になる人の美白化粧品の選び方

投稿日:

シミを何とかしたいときの美白化粧品はどう選ぶ?選び方と効果的な使い方

顔にある濃いシミ、鏡に映ると気になりますよね。

シミを隠すファンデーションでうまく隠せても、やっぱり美白化粧品でしっかり毎日ケアしたいもの。

でも、今使っている基礎化粧品にさらに美白アイテムとなると、結構お金もかかります。

そこで、こちらでは、上手な美白化粧品の選び方と、それを効果的に使う、シミへの効かせ方についてご紹介します。

美白ケアの投資に失敗したくない!という方、ぜひチェックしていってくださいね。

美白化粧品は、美容液もしくは美白オールインワンゲルがおすすめ

巷で売られている、国内有名メーカーから展開されている美白化粧品ブランドというと・・・

富士フイルムの「アスタリフトホワイト」や、ポーラの「ホワイトショット」、資生堂の「HAKU」、KOSEの「雪肌精」や、そのグループ会社、KOSEプロビジョンの「澄肌美白」といったところでしょうか。

CMやスマホ広告などでも、よく目にされていると思います。

これらの美白化粧品ブランドは、それぞれ配合されている美白成分やシミへの効かせ方などは異なりますが、最近はメーカーの研究も進み、どれも採用されている技術は最先端。

シミへの効果もそれなりに定評があるものが多く、有名どころを買っておけば、全く美白効果を感じなかった・・・なんていう失敗はさほどありません。

とはいえ、美白化粧品は価格も少し高くなっていて、ブランドごとにラインで全部そろえるとなるとコストもかかってなかなか大変。

それに、継続して使っている基礎化粧品もあるでしょうし、それをムダにするのももったいないですよね。

そこでおすすめなのが、ラインの中から1つだけチョイスする方法。

美白化粧品には美白化粧水、美白美容液、美白クリームなどがありますが、まずは美白美容液だけを選んでふだんのスキンケアにプラスしてみてください。

恐らく、美白美容液が価格的にも一番高いと思いますが、それでもなぜおすすめするかというと、美白美容液がラインの中で一番多く美白有効成分が配合されているから。

実は、美白アイテムの中で一番検索されているのは、最も価格が安い「美白化粧水」なんですが、美白成分の配合量も少なめで、費用対効果では美白化粧水は美白美容液にかないません。

それに、美容液は今使っている基礎化粧品にも取り入れやすく、肌悩みにダイレクトに作用するものが多いので、美容効果も感じやすいです。

コスパ優先ならオールインワンタイプを

なるべくコスパを抑えて美白化粧品を取り入れたいというときは、オールインワンゲルがおすすめ。

オールインワンゲルというと保湿目的で発売されているものが多いですが、美白有効成分を多く配合した、美白効果を主に狙った「美白オールインワンゲル」もあります。

洗顔後、1つで化粧水と美容液、クリームなど多機能で、そこそこ美白効果も高く、美白化粧品をラインでそろえるよりは費用が抑えられます。

美白オールインワンゲルもいろんなメーカーから売られていますが、管理人のイチオシは、CMでもおなじみ、新日本製薬の「パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル」。

美白有効成分の「トラネキサム酸」と「アルブチン」配合で、通常の美白化粧品では効きにくいとされる「肝斑」(参照:シミにもタイプがある?シミの種類別予防法&治療法)など、あらゆるシミ改善にも効果が期待できます。

また、テクスチャも軽いので使いやすく、価格もお手頃で続けやすい美白化粧品です。

肌トラブルが起きにくい美白有効成分なら安心!

美白化粧品を手にすると、「医薬部外品」という文字をよく目にすると思います。

これは厚生労働省が効果や安全性を確認し、認可した美白有効成分が含まれているということなので、それなりに信頼のおける表示です。

特に、美白成分の中でもビタミンCやアルブチンは化粧品に使われている歴史が長く、白斑のようなトラブルも現状報告されていません。

美白成分の肌への影響が心配・・・という方は、ビタミンC誘導体やアルブチン配合の美白化粧品を選べば安心です。

美白化粧品は継続して使い、効果を判断する

効果の高い美白化粧品といえど、そんなにすぐにはシミを薄くすることはできません。

高いお金を出して美白美容液を買って1本まるまる使ったのに、全然シミに効いてない!なんてことも当然あり得ます。

通常、メラニンを含んだ細胞が肌の内側で作られて肌表面に上がり、古い角質として剥がれ落ちるまでに大体1カ月ぐらいかかります。

まして、加齢や乾燥で皮膚のターンオーバーが乱れていればもっとかかります。

そのため、美白化粧品の効果を感じるためには、最低でも1カ月以上の継続使用が必要。

年齢が上にいけばいくほど、長期間の継続使用をしないとシミへの効果を感じにくいんです。

まず、美白美容液や美白オールインワンゲルを1カ月使って肌トラブルがなければ合格なので、あとは根気よく続けて使ってみましょう。

使い始めと、1カ月後、3カ月後に画像を残すなりしてシミの状態を確認してみると、選んだ美白化粧品の効果の有無が大体わかります。

もし、あまり効果がないなと感じたら、美白成分が肌に合っていないのかも。違う美白成分配合のものに切り替えてみるのも手です。

ピーリングも併せて行うと、美白化粧品の効果がよりアップ!

シミは、メラニンを含む角質細胞が肌表面にとどまることで、その場所に定着し、目立ってしまいます(参照:シミができるのはなぜ?シミになる原因とメカニズム)。

本来、皮膚のターンオーバーサイクルがうまく機能していれば、シミはいずれ薄くなるもの。

でも、メラニンがたくさん作られたり、ターンオーバーサイクルが正常に機能していないと、メラニンが肌から出ていってくれないんです。

そこで、メラニンを肌表面から追い出して、シミ改善を促す作用をサポートしてくれるのがピーリングです。

ピーリングというのは、肌に残ってしまった古い角質をフルーツ酸やサリチル酸などの力を使って取り除く美容法。

居座ってしまったメラニンの排出を促してくれるので、シミを徐々に薄くする効果が期待できるというわけです。

しかも、美容成分の浸透を阻む、古く、そして厚くなった古い角質がピーリングによって除去されるため、美白化粧品に配合された美白有効成分の浸透がよりアップ。

必要な場所に美白成分を効率よく届けることができるので、ピーリングを併用すると、美白化粧品をそのまま使うよりもさらに効果が高まるんです。

ピーリングは、乱れたターンオーバーサイクルを正常に戻す働きもしてくれるので、肌老化予防にも効果大。

アンチエイジングのためにも、ぜひ美白化粧品とピーリング、一緒に行ってみてください。

週に一度のピーリングで、美白化粧品の効果がぐんと感じやすくなりますよ♪

ただし、ピーリングは人によって刺激を感じることもあります。

肌が弱い方は注意して行ってくださいね。

-シミについての基礎知識

Copyright© シミを隠すファンデーションランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.