シミについての基礎知識

シミができるのはなぜ?シミになる原因とメカニズム

投稿日:

顔のシミはなぜできる?シミができるしくみを解説します

シミをつくっているのはメラニン色素

顔を一気に老けた印象にさせてしまう茶色や黒色のシミ。

どんなに気をつけていても、ちょっと油断をしてしまうと、知らない間にシミができていた、なんてこと、よくありますよね。

実は、一口にシミといってもいろんな種類があります。

とりあえず、どんな形や色であっても、顔にないほうが絶対いいと感じられるものは、美容的には全てシミとひとくくりに言われています。

ただ、どんなシミであっても、それをつくっているのは、「メラニン」という色素。

女性なら誰でも聞いたことがある単語だとは思いますが、実際のところどんなもので、なぜメラニンが集まるとシミになってしまうのか、厳密には説明できないという方も多いのではないでしょうか。

こちらからは、メラニンがどんなもので、なぜシミができてしまうのか、シミがつくられるメカニズムについて解説したいと思います。

メラニンは体を守る重要な役割をもっている

メラニン色素というのは、実はタンパク質の一種。

形状としては、黄褐色の顆粒状で、これがたくさん集まることで黒くなり、自他共に顔のシミとして認識されます。

メラニン色素と聞くと、女性は嫌な言葉として受け取ってしまいますが、もともとは肌を守っている存在。

紫外線を浴びても、その紫外線が肌に侵入しないよう、ガードしてくれているのがメラニン色素です。

紫外線を浴びると人は日焼けしますよね。

紫外線は、日焼けで肌を黒くするだけでなく、皮膚がんを引き起こす原因にもなる、体にとってはまさに有害な物質。

そんな有害物質が肌内に侵入しないよう、メラニン色素は見張ってくれているんです。

メラニン色素が肌に残るとシミになる

では、本来、肌を守ってくれているはずのメラニン色素がなぜ肌にシミとして残ってしまうんでしょうか。

メラニンが生まれてしまうしくみを簡単に図式化すると、こんな感じです。

メラニンができるしくみ

エンドセリン・・・紫外線を浴びると表皮細胞から分泌される
メラニン・・・メラノサイトの内部にあるチロシナーゼ酵素が活性化することで生まれる
メラノサイト・・・メラニンから分泌され、表皮細胞に取り込まれる

肌が紫外線を浴びると、まず肌の表面にある細胞、いわゆる表皮細胞から情報伝達物質の「エンドセリン」が分泌されます。

エンドセリンが分泌されると、これに刺激されて基底層にある「メラノサイト」の中でメラニン色素がつくられます。

メラニン色素はタンパク質の一種と前述しましたが、その元はチロシンというアミノ酸。

そして、このチロシンにチロシナーゼという酵素が活性化されることで、すぐにメラニン色素ができてしまうんです。

できてしまったメラニン色素は、表皮細胞に取り込まれることで黒くなり、皮膚のターンオーバーによって、徐々に角質層へと押し上げられていきます。

メラニン色素が取り込まれた表皮細胞は、垢となって剥がれ落ち、排出されるのが通常なので、本来は肌表面にとどまることはありません。

でも、UV対策が不完全だったりして、紫外線をたっぷり浴びてしまうと、メラニン色素が大量につくられ、排出が追いつかなくなってしまいます。

これがシミが肌表面に残ってしまう原因です。

また、加齢やストレスもメラニン色素の排出を阻む要因。

皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れて、本来剥がれ落ちるはずの表皮細胞がそのまま居座ってしまい、シミとして残ってしまうというわけです。

ターンオーバーの乱れとシミの関係

加齢や乾燥、ストレスなどでターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンを含んだ表皮細胞がはがれ落ちず、とどまってシミになる

紫外線以外にもシミがつくられる原因がある

シミというと、紫外線でできるメラニンというのが主な要因ですが、実はそれ以外にもシミの原因があります。

それは肌を摩擦することで起こる炎症性のシミ。

クレンジングや洗顔でこすりすぎたり、かぶれや傷で炎症を起こすことによっても、メラニンが生成されてシミができることがあります。

また、ストレスや妊娠、更年期などのホルモンバランスの変化で、肝斑と呼ばれるシミが発生することも。

シミといっても、その要因によって種類もいろいろありますし、効果的な治療法やスキンケア法も異なるため、まずは自分のシミがどんな種類のシミかを見分けることが大切です。

とはいえ、自分のシミの種類がどれなのか、見ただけでは区別がつかないという場合もあります。

シミを薄くしたい、目立たなくしたいという場合で、自分のシミの種類が判別できないときは、自己判断せず、美容皮膚科などで専門医の診断を仰ぎましょう。

シミが目立って気になるときは

美白化粧品や美容皮膚科の治療でも、シミを完全に消すためにはそれなりに時間がかかります。

でも、どうしても気になるときは、カバー力の高いファンデーションでシミを隠してしまいましょう!

こちらでは、シミを隠す効果が高いのに、厚塗りにならず、ナチュラルに仕上がるファンデーションをご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

-シミについての基礎知識

Copyright© シミを隠すファンデーションランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.